ボーエン病 治療法・癌の症状とは?

スポンサーリンク




ボーエン病 治療法・癌の症状とは?

比較的簡単に行える治療法です。 治療時や治療後の体への影響が比較的少なく、高齢や持病などの理由で手術が難しい場合でも行える可能性があります。

 

治療は病変の切除が主で、班が小さければ小さいほど簡単に済みます。大きく広がってしまうと切除の範囲も広くなり、場合によっては皮膚の移植が必要になることもありますので、早めに受診するようにしましょう。

スポンサーリンク




ボーエン病は、日光角化症やパージェット病と同じように、病変を治療せずに放置すると、かなり高い確率でがんへと変化してしまう皮膚疾患になります。
そのため、日頃から予防を心がけ、発症した場合は早めに治療を受けることが必要です。

 

ボーエン病が表皮内がんよりも進行している状態で、ボーエン病ではなくボーエン癌と呼ぶこともあります。
進行度が低ければ低いほど手術後の処置も簡易なものでOK、回復期間も早いのはボーエン病以外の病気にもみられる特徴です。

 

外科的切除が第一選択です。大きさや部位にもよりますが数mm離して拡大切除を行います。年齢や大きさなどにより切除が困難な例では液体窒素による凍結療法、イミキモドクリームの外用などを行い治療することもあります。

 

手術後は、2〜3カ月から半年ごとに来院して経過をみますが、病巣部(がんのある部分)を取り切ることができれば、基本的には大丈夫といってよいでしょう。

 

凍結療法が行われたり、5-FUやブレオマイシンといった抗腫瘍薬軟膏を外用で使われることもあります。無治療だと、有棘細胞癌に進展し、その際、基底膜を突き破ります。更にリンパ節への転移を見ることもあります。

スポンサーリンク




ボーエン病 初期のがん?

ボーエン病は、表皮内に生じる初期のがんなので、身体のいたるところにできる可能性があります。もともと病気や傷のある場所に起こることが多いといわれますが、これはボー...

≫続きを読む

ボーエン病 特徴としては痒みを伴わない?

ボーエン病は手足や胸など比較的露出している部分に多くできます。特徴としては痒みを伴わない赤黒いシミみたいなものが、徐々に大きくなっていったらボーエン病を疑ってみ...

≫続きを読む

ボーエン病 かゆみを全く伴わない?

ボーエン病の場合、本来かゆみはほとんどないのですが稀に現れる事もあります。その際は非常に強いかゆみを伴い、患部を掻き毟ってしまう方が多く居ます。前述のとおり皮膚...

≫続きを読む

ボーエン病 進行度によって0期〜W期に分類される?

進行すると真皮内に癌が浸潤し体を蝕みます。これも広い意味でボーエン病ですが、区別して、ボーエン癌と呼ぶこともあります。さらに進行するとリンパ節転移や内蔵転移をお...

≫続きを読む

ボーエン病 20代後半から30代が最も多い?

20代後半から30代のメラノーマ患者に、爪が黒くなった時期を調べると高校生くらいからという回答が多く、10代半ば以降からも爪の黒い線には注意が必要だと考えます。...

≫続きを読む

ボーエン病 治療法・癌の症状とは?

比較的簡単に行える治療法です。 治療時や治療後の体への影響が比較的少なく、高齢や持病などの理由で手術が難しい場合でも行える可能性があります。治療は病変の切除が主...

≫続きを読む

ボーエン病 手術が難しい場合でも行える可能性?

完全に切除できれば完治が見込める治療法です。 切除範囲が小さい場合は日帰り手術で行うこともあります。治療は手術による切除が第一選択になります。最初に「生検」とい...

≫続きを読む

ボーエン病 画像・写真はこちら

ボーエン病 画像・写真をご覧になりたい方はYAHOOジャパンかgoogleの画像検索機能を使うと効率よくお目当ての画像を探し出すことができます。⇒ YAHOOジ...

≫続きを読む

ボーエン病 多発する傾向にある?

ヒ素中毒の中でも、慢性ヒ素中毒者にはボーエン病が多発する傾向にあります。さらにヒ素中毒の場合、各臓器への癌を伴う事もしばしばで、これを原因とするボーエン病は重症...

≫続きを読む