皮膚病 はたけの薬とは?

スポンサーリンク




皮膚病 はたけの薬とは?

一般的には患部の保湿と炎症の抑制の為に、外用剤を使った治療を行うのが良いでしょう。具体的にはワセリンに加え、尿素含有軟膏(商品名:ウレパール他)、ヘパリン類似物質軟膏(商品名:ヒルロイド他)などが使用されます。

 

幼児性の物はオロナインでは原因は治りませんし治す必要もありません。年齢的な事と、遺伝的な者ですから。
もちろん、症状としての白い粉の状態は、オロナインで目立たないようにする事はできますし、それを目的に使用するのであれば問題ありません。

スポンサーリンク




NSAIDs 含有外用剤は、抗炎症効果が弱いため使用される症状は限られますが、皮膚のはたけのようなステロイド剤を必要としない軽度の皮膚炎、ステロイド剤が使用できない場合や使用量を減らしたい場合、帯状疱疹の疼痛緩和などに使用されます。

 

夏になるとまわりの皮膚が日焼けするために目立つようになることが多く、冬には皮膚が乾燥して症状が悪化する場合があります。

 

はたけは軽度の炎症ですから、ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)を使うことは避けた方が良いでしょう。人にもよりますが、ステロイドは強い薬である為、使用することにより逆に皮膚がかぶれてしまうこともあります。

 

乾燥した皮膚は、表面が荒れて小さなキズがたくさんついているのと同じ状態です。保湿の基本はワセリン基剤(プロペトなど)で、肌の状態が回復するに従ってヘパリン類似物質(ヒルドイド、ビーソフテン)や尿素軟膏(パスタロン、ウレパール)なども併用します。

スポンサーリンク




皮膚病 はたけの白斑が浮き彫りとなる?

異常性白斑はからだのどの部位にも現れることがあります。部分的な局所型神経に沿ってからだの片側にできる分節型全身にできる汎発型この3つのタイプに分かれます。だいた...

≫続きを読む

皮膚病 はたけの薬とは?

一般的には患部の保湿と炎症の抑制の為に、外用剤を使った治療を行うのが良いでしょう。具体的にはワセリンに加え、尿素含有軟膏(商品名:ウレパール他)、ヘパリン類似物...

≫続きを読む

皮膚病 はたけ 治療はできるの?

皮膚疾患としては軽いものですし、そのままにしておいても数年で消えてしまうものなので、積極的に治療しないことが多いですが、外見に関わることなので、精神的なことも考...

≫続きを読む

皮膚病 はたけ 画像・写真はこちら

皮膚病 はたけ 画像・写真をご覧になりたい方はYAHOOジャパンかgoogleの画像検索機能を使うと効率よくお目当ての画像を探し出すことができます。⇒ YAHO...

≫続きを読む

皮膚病 はたけの原因はいまだに不明なの?

ハタケの原因はいまだに不明ですが、カビの感染や栄養不足が原因ではないので、伝染することもないし、食事に気を付ける必要もありません。症状は、数ヶ月から1年ぐらいで...

≫続きを読む

皮膚病 はたけは子供だけ?大人は発症しない?

子供の顔の一部が白っぽくカサカサしていると、何か大変な皮膚の病気ではないかと心配になってしまいますよね。子供の顔が一部白くなってしまう病気に「はたけ(単純性ひこ...

≫続きを読む