皮膚病 はたけの白斑が浮き彫りとなる?

スポンサーリンク




皮膚病 はたけの白斑が浮き彫りとなる?

異常性白斑はからだのどの部位にも現れることがあります。

 

  1. 部分的な局所型
  2. 神経に沿ってからだの片側にできる分節型
  3. 全身にできる汎発型

 

この3つのタイプに分かれます。

スポンサーリンク




だいたい5mmくらいから大きいものは2-3cmくらいに及ぶ、円形または楕円形の白い斑点状の脱色性皮膚病変のことです。白く粉をふくことや、角質が鱗(うろこ)状にみられるような場合もあります。

 

白斑そのものに悪性度はありません。痛みやかゆみもなく、他人に感染することもない病気です。ただし心理的な負担を伴いやすく、本人にとっては深刻な悩みになることが少なくありません。

 

尋常性白斑は2タイプありますが、1つは神経走行に沿って体の方側に出るタイプ、もう1つはそれと関係なく多発するタイプです。
尋常性白斑は境界部が比較的はっきりしていることが多く、かさつきが伴う事はありません。

 

皮膚病のはたけの正式名称は、顔面単純性粃糠疹(がんめんたんじゅんせいひこうしん)と言います。
主に口や頬に10円玉程度の大きさの白い斑点ができる、中学生や小学生の子供にできやすい皮膚病です。

 

尋常性白斑は人にうつる病気でもありませんし、また白斑があるからと行って健康を害する病気ではありませんが、美容上、社会生活上のストレスの原因や悩み、自己イメージの低下の原因となることがあります。

 

原因も治療法もはっきりしていず、たいへん治りにくい。 しかし、まずはかなり規模の大きい病院の皮膚科で相談するとよいです。

スポンサーリンク




皮膚病 はたけの白斑が浮き彫りとなる?

異常性白斑はからだのどの部位にも現れることがあります。部分的な局所型神経に沿ってからだの片側にできる分節型全身にできる汎発型この3つのタイプに分かれます。だいた...

≫続きを読む

皮膚病 はたけの薬とは?

一般的には患部の保湿と炎症の抑制の為に、外用剤を使った治療を行うのが良いでしょう。具体的にはワセリンに加え、尿素含有軟膏(商品名:ウレパール他)、ヘパリン類似物...

≫続きを読む

皮膚病 はたけ 治療はできるの?

皮膚疾患としては軽いものですし、そのままにしておいても数年で消えてしまうものなので、積極的に治療しないことが多いですが、外見に関わることなので、精神的なことも考...

≫続きを読む

皮膚病 はたけ 画像・写真はこちら

皮膚病 はたけ 画像・写真をご覧になりたい方はYAHOOジャパンかgoogleの画像検索機能を使うと効率よくお目当ての画像を探し出すことができます。⇒ YAHO...

≫続きを読む

皮膚病 はたけの原因はいまだに不明なの?

ハタケの原因はいまだに不明ですが、カビの感染や栄養不足が原因ではないので、伝染することもないし、食事に気を付ける必要もありません。症状は、数ヶ月から1年ぐらいで...

≫続きを読む

皮膚病 はたけは子供だけ?大人は発症しない?

子供の顔の一部が白っぽくカサカサしていると、何か大変な皮膚の病気ではないかと心配になってしまいますよね。子供の顔が一部白くなってしまう病気に「はたけ(単純性ひこ...

≫続きを読む