皮膚がん 顔の手術後の後遺症とは?

スポンサーリンク




皮膚がん 顔の手術後の後遺症とは?

皮膚がんの手術は、基本的に安全性が高いものです。しかし切除範囲が大きい場合は、出血や痛みなどが出やすいほか、傷跡が大きくなるというデメリットもあります。

 

皮膚がんは、周囲皮膚をつけて切除するため、腫瘍の大きさに比べて切除後の皮膚欠損部は大きくなります。そのまま縫えると最も簡単ですが、皮膚が寄らないために縫えないときや皮膚を無理に寄せるとひずみが生じて見映えが悪くなる場合は、再建術を行います。

スポンサーリンク




皮膚がんの再発防止、再発してしまった場合の対策についてはどのように考えればよいのでしょうか。まず、がんは正常な細胞に慢性的なダメージがある状態で発生しやすくなります。

 

顔の手術では、大きな傷跡が残ることがあります。皮膚がんは、がんを取り除くだけでなく、見た目にも大きく影響するので、やはり、初期での発見、治療を心掛けたいです。
手術による治療という点では、ほかの皮膚がんも同様です。

 

早期発見・早期治療が何よりも重要になるのです。
特に悪性黒色腫は転移・進行ともに早く、気付いた時には全身に転移していたというケースも珍しくありません。

 

髪の毛が生えないなど美容面の問題とともに、わずかですが皮膚がんになる可能性もあるため、積極的に切除手術がされています。局所麻酔による手術が可能な年齢になったら、早期の手術を検討しましょう。

 

“進行性乳がん”の割合は、乳がん全体の5パーセント程度ですが、それらの場合、現在では術前の化学療法でがんを小さくし、皮膚の炎症を抑えてから手術することができます。

 

出血するものは受診していただき、ダーモスコピーという拡大鏡で拝見した方が安心です。ダーモスコピーの所見によって、問題ないと判断されれば一安心ですし、場合によってはさらに組織を取って性質を調べ、切除することもあります。

スポンサーリンク




皮膚がん 顔の手術後の後遺症とは?

皮膚がんの手術は、基本的に安全性が高いものです。しかし切除範囲が大きい場合は、出血や痛みなどが出やすいほか、傷跡が大きくなるというデメリットもあります。皮膚がん...

≫続きを読む

皮膚がん 顔の画像・写真はこちら

皮膚がん 顔の画像・写真をご覧になりたい方はYAHOOジャパンかgoogleの画像検索機能を使うと効率よくお目当ての画像を探し出すことができます。⇒ YAHOO...

≫続きを読む