パジェット病 画像や写真はこちら

スポンサーリンク




パジェット病 画像や写真はこちら

パジェット病 画像や写真をご覧になりたい方はYAHOOジャパンかgoogleの画像検索機能を使うと効率よくお目当ての画像を探し出すことができます。

 

⇒ YAHOOジャパンでパジェット病 画像や写真を検索する

 

⇒ google画像検索でパジェット病 画像や写真を検索する

スポンサーリンク




 

パジェット(ページェット)病とは、乳頭や乳輪に、びらん(ただれ)をともなう湿疹が見られる病気です。非常に珍しい乳がんのタイプであり、乳がん全体の1〜2パーセント程度といわれています。
しこりもなく、また皮膚病との区別がつきにくいことから、正しい知識をもって早期に受診することが望まれます。

 

乳がんが乳頭を中心に境界がはっきりとした紅斑やかさぶたができ、痛みや痒みを伴うことがあります。通常、腫瘤(しこり)はできないことが多いです。

 

通常、片側のみみられることが多く、両側にみられることや男性にみられることはまれです。

 

初期症状は多くの場合、乳頭周囲に、軽い 紅褐色の湿疹が出来ることで始まる場合が多く、そのほとんどに軽い痒みをともないます。そして進行すれば、乳頭は変形していきます。原則として治療法は手術による切除ですが、放射線療法やレーザー治療も行います。

 

治療法は病変を外科的に切除することが治療の中心となります。抗がん剤や放射線治療は効果に個人差があり一般的には単独で使われる事は少なく、外科的な治療後の補助療法として使われます。

 

皮膚の下にアポクリン腺がんを認めることはまれであるため、その起源はアポクリン腺の表皮開口部(表皮内汗管かんかん)からの「表皮内がん」とする説が最も有力です。

 

リンパ節転移が疑われる場合にはリンパ節郭清術を行います。女性の乳房外Paget癌進行例では時に尿路変更や人工肛門の造設を要し,会陰部の組織欠損に対しては筋皮弁などを用いた再建手術が行われます。

 

パジェット病の場合、色彩的に病巣と健康な皮膚の境界がはっきりしないため、手術では周囲を広く切り取って皮膚を張り替えることが基本です。
手術によって性生活に支障が出ることはまれです。

スポンサーリンク




パジェット病 何科を受診したらいい?

パジェット病には、胸部(乳房等)を病巣とするものと、骨部(頭蓋・大たい骨等)を病巣とするものがあり、少し経過や治療方法が違っています。どちらにしても内科等で判断...

≫続きを読む

パジェット病 30代から発症が増える病気?

皮膚がんには大変多くの種類がありますが、この中で頻度が高く重要なものは、表皮内がん、あるいはその早期病変である日光角化症、ボーエン病と、本来のがんである有棘細胞...

≫続きを読む

パジェット病 余命・予後・生存率はどれぐらい?

リンパ節へ転移したからといって悲観することはなく、適切な処置と治療を行うことで、十分に完治が見込めると言えるでしょう。しこりやリンパ節への転移だけでなく、骨や肝...

≫続きを読む

パジェット病 画像や写真はこちら

パジェット病 画像や写真をご覧になりたい方はYAHOOジャパンかgoogleの画像検索機能を使うと効率よくお目当ての画像を探し出すことができます。⇒ YAHOO...

≫続きを読む