パジェット病 余命・予後・生存率はどれぐらい?

スポンサーリンク




パジェット病 余命・予後・生存率はどれぐらい?

リンパ節へ転移したからといって悲観することはなく、適切な処置と治療を行うことで、十分に完治が見込めると言えるでしょう。
しこりやリンパ節への転移だけでなく、骨や肝臓・肺などの遠隔転移が見られるステージ4期(末期状態)でも、生存率は約25%という数字です。

 

しばらくは皮膚の内部に留まっていますが、そのうちしこりを作れば乳癌が皮膚に増殖したものと同じようになってきます。そうなれば転移もしますし、治療が厄介です。

スポンサーリンク




既に遠隔転移があると言うことであれば、余命1年という診断もやむを得ないでしょう。
この病気の問題点は、遠隔転移(正確には2個以上のリンパ節転移がある場合以上)がある場合は有効な治療法が無いことです。

 

生存に関する統計値は5年(時には1年)間隔で測定されるため、治療法や診断法の進歩が反映されていない可能性があります。

 

治療は原則として病巣を手術で切り取ります。初期なら比較的簡単に切り取ることができますが、腫瘍が広がっている場合や、患者の体力が無い場合は放射線、抗がん剤、レーザー光線などで治療します。

 

高齢者の場合には、比較的乳房内への再発が少ないこと、また放射線治療による合併症のリスクと余命を秤はかりにかけ、放射線照射が省かれることもあります。しかし、ふつうは放射線照射が必須と考えてください。

 

原因は不明ですが、汗の分泌に関するアポクリン汗腺周りの細胞に要因があるのではないかと考えられています。手術が基本的な治療となります。

スポンサーリンク




パジェット病 何科を受診したらいい?

パジェット病には、胸部(乳房等)を病巣とするものと、骨部(頭蓋・大たい骨等)を病巣とするものがあり、少し経過や治療方法が違っています。どちらにしても内科等で判断...

≫続きを読む

パジェット病 30代から発症が増える病気?

皮膚がんには大変多くの種類がありますが、この中で頻度が高く重要なものは、表皮内がん、あるいはその早期病変である日光角化症、ボーエン病と、本来のがんである有棘細胞...

≫続きを読む

パジェット病 余命・予後・生存率はどれぐらい?

リンパ節へ転移したからといって悲観することはなく、適切な処置と治療を行うことで、十分に完治が見込めると言えるでしょう。しこりやリンパ節への転移だけでなく、骨や肝...

≫続きを読む

パジェット病 画像や写真はこちら

パジェット病 画像や写真をご覧になりたい方はYAHOOジャパンかgoogleの画像検索機能を使うと効率よくお目当ての画像を探し出すことができます。⇒ YAHOO...

≫続きを読む