パジェット病 30代から発症が増える病気?

スポンサーリンク




パジェット病 30代から発症が増える病気?

皮膚がんには大変多くの種類がありますが、この中で頻度が高く重要なものは、表皮内がん、あるいはその早期病変である日光角化症、ボーエン病と、本来のがんである有棘細胞がん、基底細胞がん、乳房外パジェット病、悪性黒色腫などです。

 

人の肌は、様々な細菌から守るため一定の湿度を保っています。乾燥は抵抗力が下がり、細菌が侵入しやすくなります。夏は通気性の良い下着をつけ、冬は保湿を心がけましょう。

スポンサーリンク




私も症状の出た時期は30代の記憶があり、その後症状がなく60代に成ってから痒みが現れ皮膚科の診察を受けた次第です。

 

30代以上の成熟期の女性に多く、女性ホルモンの一種であるエストロゲンの分泌が低下する閉経後には発症が見られなくなることから、エストロゲンの過剰分泌が原因であると考えられていますが、はっきりした原因は不明です。

 

大腸がん(直腸がん、結腸がんを含む)や、胃がん、肝臓がんなど女性にも多いがんは65歳以上の高齢者が発症のピークです。それに対して、女性特有のがんは30代前半から30代後半、40代前半にかけて一気に患者数が上昇し、55〜64歳に発症する方がピークに達します。

 

年齢別に乳がんの罹患(りかん)率(乳がんにかかる人の割合)をみると、30代後半から増え、40代後半から50代前半にピークを迎えていることがわかります。つまり、乳がんは、仕事や家事、子育てに忙しい年齢の女性に一番多いがんなのです。

スポンサーリンク




パジェット病 何科を受診したらいい?

パジェット病には、胸部(乳房等)を病巣とするものと、骨部(頭蓋・大たい骨等)を病巣とするものがあり、少し経過や治療方法が違っています。どちらにしても内科等で判断...

≫続きを読む

パジェット病 30代から発症が増える病気?

皮膚がんには大変多くの種類がありますが、この中で頻度が高く重要なものは、表皮内がん、あるいはその早期病変である日光角化症、ボーエン病と、本来のがんである有棘細胞...

≫続きを読む

パジェット病 余命・予後・生存率はどれぐらい?

リンパ節へ転移したからといって悲観することはなく、適切な処置と治療を行うことで、十分に完治が見込めると言えるでしょう。しこりやリンパ節への転移だけでなく、骨や肝...

≫続きを読む

パジェット病 画像や写真はこちら

パジェット病 画像や写真をご覧になりたい方はYAHOOジャパンかgoogleの画像検索機能を使うと効率よくお目当ての画像を探し出すことができます。⇒ YAHOO...

≫続きを読む