パジェット病 何科を受診したらいい?

スポンサーリンク




パジェット病 何科を受診したらいい?

パジェット病には、胸部(乳房等)を病巣とするものと、骨部(頭蓋・大たい骨等)を病巣とするものがあり、少し経過や治療方法が違っています。どちらにしても内科等で判断できると思われます。

 

正直ハッキリしたことは言えませんが、女性特有の病気のような気がするので、とりあえずは「婦人科」の受診をお勧めします。不安があるなら、病院の受付窓口や婦人科のドクターが相談に乗ってくれますので、相談されてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク




パジェット病は、乳房に発生する場合と乳房以外に発生する場合がありますが、女性の場合、乳房外(にゅうぼうがい)パジェット病のほとんどは外陰に発生します。

 

閉経後の女性に多く発症する病気で乳管がんの一種と言われています。

 

汗を分泌するアポクリン腺の癌化したもので乳房以外にできる乳房外パジェット病、捕骨細胞にできる骨パジェット病などがあります。
乳房パジェット病は乳がんの一種で胸にチクチクした痛みがおこり、乳輪や乳頭にびらんを伴う湿疹ができます。

 

パジェット病は乳ガンですが、「炎症性乳がん」と同様に、シコリを伴わない場合が多いという特徴があります。
一見すると単なる皮膚炎に見えることから、病院に行かずに市販の薬で痛みなどを紛らわすことで、病院に行くのが遅れ症状が悪化してしまうことが多いようです。

 

乳輪炎、乳頭炎の治療には、主にステロイド剤の軟膏を使用します。患部を清潔にし、木綿やシルクなどの自然素材の下着を身に付けるようにしましょう。また、ボディーソープは肌を乾燥させてしまいます。

スポンサーリンク




パジェット病 何科を受診したらいい?

パジェット病には、胸部(乳房等)を病巣とするものと、骨部(頭蓋・大たい骨等)を病巣とするものがあり、少し経過や治療方法が違っています。どちらにしても内科等で判断...

≫続きを読む

パジェット病 30代から発症が増える病気?

皮膚がんには大変多くの種類がありますが、この中で頻度が高く重要なものは、表皮内がん、あるいはその早期病変である日光角化症、ボーエン病と、本来のがんである有棘細胞...

≫続きを読む

パジェット病 余命・予後・生存率はどれぐらい?

リンパ節へ転移したからといって悲観することはなく、適切な処置と治療を行うことで、十分に完治が見込めると言えるでしょう。しこりやリンパ節への転移だけでなく、骨や肝...

≫続きを読む

パジェット病 画像や写真はこちら

パジェット病 画像や写真をご覧になりたい方はYAHOOジャパンかgoogleの画像検索機能を使うと効率よくお目当ての画像を探し出すことができます。⇒ YAHOO...

≫続きを読む