赤いシミ ボーエン病・ページェット病・間違われやすい?

スポンサーリンク




赤いシミ ボーエン病・ページェット病・間違われやすい?

皮膚にも、他の臓器と同様に悪性腫瘍(いわゆる”がん”)が発生します。
皮膚の悪性腫瘍(以下、皮膚がん)の特徴は、症状が目に見えるため早期に発見が可能なことです。

 

最初ホクロと勘違いしやすい皮膚がんとしては、日本人にもっとも多い「基底細胞がん」や、悪性度の高い「メラノーマ」などがあります。

スポンサーリンク




皮膚がんが進行すると、一般に皮膚が盛り上がって塊になったり、かさふたができたりしますが、早期では自覚症状はありません。そのため、ホクロやシミ、イボなど皮膚に新たな異物ができていないかどうか全身をチェックする事が大切です。

 

皮膚のできものがあった場合、皮膚がんかも知れないと疑うこと、これが最も大切なことです。もし気になる皮膚のできものがあれば、できるだけ早く皮膚科を受診してください。

 

ごく稀なものまで含めると皮膚がん種類は非常に多いです。「日光角化症」、「ボーエン病」、特徴的な進展を示す「パージェット病」間違えやすいです。

 

シミがたくさんあるから必ずその人は皮膚がんになるというわけではありません。
しかし気をつけなければいけないのは確かです。
もしあなたのシミが急に大きくなったり色も濃くなってきたという場合は念のため皮膚科医など専門医に相談した方が良いでしょう。

 

紫外線以外の遺伝的な素因が考えられます。もちろん日本人でも1/3の頻度はありませんが、紫外線にあたりにくい部位でも発生がありますので、注意が必要。

スポンサーリンク




顔に赤いシミの意外な原因とは・・・?

説明すると肌への摩擦が原因となっています。スキンケアを念入りにする人ほどこの危険性を抱えており、場合によっては美白やシミに良いと思っていたことが悪影響しているこ...

≫続きを読む

イミキモドクリーム 赤いシミには有効なの?

赤いシミの正体とは、何なのでしょうか?実はこれ、「前がん症」の初期。がんの一歩手前らしい。言い方を変えれば、「日焼けによる がんのタネ」になります。イミキモドク...

≫続きを読む

赤いシミ 治療されて悪化することが多い?

目の下に黒いしみのかたまりができることがあります。典型的な肝斑(かんぱん)とはちょっと違いますので肝斑と診断されず普通のしみと診断されてレーザー治療されて悪化す...

≫続きを読む

赤いシミ 薬を塗れば肌の奥まで効果が届く?

シミで病院に行く人は少ないかもしれませんが、心当たりのある人は一度皮膚科で相談してみるとよいかもしれません。「ある薬」を塗れば、肌の奥まで効果が届いて、つるつる...

≫続きを読む

赤いシミ ボーエン病・ページェット病・間違われやすい?

皮膚にも、他の臓器と同様に悪性腫瘍(いわゆる”がん”)が発生します。皮膚の悪性腫瘍(以下、皮膚がん)の特徴は、症状が目に見えるため早期に発見が可能なことです。最...

≫続きを読む

皮膚 赤いシミは間違った肌のお手入れが原因に?

色素沈着ということについていえば、冬の方ができやすい可能性が高いです。その時期に、ケアを怠ったり、誤ったケアをすれば、色素沈着を助長します。冬は、シミのケアがと...

≫続きを読む