赤いシミ 薬を塗れば肌の奥まで効果が届く?

スポンサーリンク




赤いシミ 薬を塗れば肌の奥まで効果が届く?

シミで病院に行く人は少ないかもしれませんが、心当たりのある人は一度皮膚科で相談してみるとよいかもしれません。
「ある薬」を塗れば、肌の奥まで効果が届いて、つるつるの肌がよみがえります。

 

どうして広がるのかというと、免疫細胞を運んでくるためです。
目で見ると赤いシミに見えるのは、血管が広がっているから。
赤いシミというのは、そこにがんがあると知らせてくれるサイン。
茶色いシミはがんの可能性は低いと言われている。

スポンサーリンク




ですが赤いシミを治す塗り薬があります。

 

シミの原因でまず第一に挙がるのが紫外線。紫外線が体内に入り込むのを防ぐために皮膚はメラニンを出して守ろうとし、それが蓄積するとシミになります。

 

薬疹が疑われたら薬剤を中止します。なお、漢方薬、ビタミン剤、胃薬などは安全と考えられがちですが、これらによる薬疹も時にみられます。

 

日焼けによるシミはもちろんですが冬の日焼け対策も重要とのことです。

 

UV-AとUV-Bの2種類がありBは赤や黒に日焼けさせる。
Aは赤や黒になる日焼けがおきにくいということです。

 

肝斑は他の外的要因からできるシミとは違って、女性ホルモンのバランスの乱れによってできるので、1番内服薬が期待できるシミです。ただ、2ヶ月飲んで薄くなる気配すらない場合は皮膚科に相談してください。

スポンサーリンク




顔に赤いシミの意外な原因とは・・・?

説明すると肌への摩擦が原因となっています。スキンケアを念入りにする人ほどこの危険性を抱えており、場合によっては美白やシミに良いと思っていたことが悪影響しているこ...

≫続きを読む

イミキモドクリーム 赤いシミには有効なの?

赤いシミの正体とは、何なのでしょうか?実はこれ、「前がん症」の初期。がんの一歩手前らしい。言い方を変えれば、「日焼けによる がんのタネ」になります。イミキモドク...

≫続きを読む

赤いシミ 治療されて悪化することが多い?

目の下に黒いしみのかたまりができることがあります。典型的な肝斑(かんぱん)とはちょっと違いますので肝斑と診断されず普通のしみと診断されてレーザー治療されて悪化す...

≫続きを読む

赤いシミ 薬を塗れば肌の奥まで効果が届く?

シミで病院に行く人は少ないかもしれませんが、心当たりのある人は一度皮膚科で相談してみるとよいかもしれません。「ある薬」を塗れば、肌の奥まで効果が届いて、つるつる...

≫続きを読む

赤いシミ ボーエン病・ページェット病・間違われやすい?

皮膚にも、他の臓器と同様に悪性腫瘍(いわゆる”がん”)が発生します。皮膚の悪性腫瘍(以下、皮膚がん)の特徴は、症状が目に見えるため早期に発見が可能なことです。最...

≫続きを読む

皮膚 赤いシミは間違った肌のお手入れが原因に?

色素沈着ということについていえば、冬の方ができやすい可能性が高いです。その時期に、ケアを怠ったり、誤ったケアをすれば、色素沈着を助長します。冬は、シミのケアがと...

≫続きを読む