赤いシミ 治療されて悪化することが多い?

スポンサーリンク




赤いシミ 治療されて悪化することが多い?

目の下に黒いしみのかたまりができることがあります。

 

典型的な肝斑(かんぱん)とはちょっと違いますので肝斑と診断されず普通のしみと診断されてレーザー治療されて悪化することが多いです。

 

気にして強くこすったり刺激を加えるとしみが濃くなるので、レーザー治療などでは刺激を与えて逆効果になることも。皮膚の深部の真皮でメラニンが発生して起こった炎症を抑える「トラネキサム酸」という成分を含んだ飲み薬が2007年から市販薬として発売されています。

スポンサーリンク




「がんのタネ」の状態そのものが直ちに危険を及ぼすことは特にはないそうです。ところが、タネを治療せずに放置していると癌に発展する恐れがあるということで、発見したら早期に治療をすることを勧めています。

 

経験豊富な専門医が、シミの種類を特定した上で処方する医薬品です。有効な成分が高濃度で含有されているので、効果が高い分、副作用があるものもあるので十分な注意が必要になります。

 

がんのタネがまだ小さく少ない、と判断された場合には、液体窒素での治療が行われることもあります。
この治療法は、液体窒素につけた綿棒を患部につけ、皮膚の表面を凍傷させます。
その後、はがして終了です。

 

赤アザの治療ではアザの状態に応じたレーザーの選択が非常に重要です。また、「単純性血管腫」や「イチゴ状血管腫」などの病変によっては幼少期からの治療が必要となるものもあります。

スポンサーリンク




顔に赤いシミの意外な原因とは・・・?

説明すると肌への摩擦が原因となっています。スキンケアを念入りにする人ほどこの危険性を抱えており、場合によっては美白やシミに良いと思っていたことが悪影響しているこ...

≫続きを読む

イミキモドクリーム 赤いシミには有効なの?

赤いシミの正体とは、何なのでしょうか?実はこれ、「前がん症」の初期。がんの一歩手前らしい。言い方を変えれば、「日焼けによる がんのタネ」になります。イミキモドク...

≫続きを読む

赤いシミ 治療されて悪化することが多い?

目の下に黒いしみのかたまりができることがあります。典型的な肝斑(かんぱん)とはちょっと違いますので肝斑と診断されず普通のしみと診断されてレーザー治療されて悪化す...

≫続きを読む

赤いシミ 薬を塗れば肌の奥まで効果が届く?

シミで病院に行く人は少ないかもしれませんが、心当たりのある人は一度皮膚科で相談してみるとよいかもしれません。「ある薬」を塗れば、肌の奥まで効果が届いて、つるつる...

≫続きを読む

赤いシミ ボーエン病・ページェット病・間違われやすい?

皮膚にも、他の臓器と同様に悪性腫瘍(いわゆる”がん”)が発生します。皮膚の悪性腫瘍(以下、皮膚がん)の特徴は、症状が目に見えるため早期に発見が可能なことです。最...

≫続きを読む

皮膚 赤いシミは間違った肌のお手入れが原因に?

色素沈着ということについていえば、冬の方ができやすい可能性が高いです。その時期に、ケアを怠ったり、誤ったケアをすれば、色素沈着を助長します。冬は、シミのケアがと...

≫続きを読む