猫カビの皮膚病に真菌症の治療法や予防方法とは?

スポンサーリンク




猫カビの皮膚病に真菌症の治療法や予防方法とは?

この「猫カビ」の皮膚糸状菌は体調の状態によっては人間にもうつってしまうため注意が必要です。

 

皮膚糸状菌症は、皮膚糸状菌と総称される真菌(カビ)の感染が原因で発症します。皮膚糸状菌は接触感染するため、すでに感染している犬や猫、人などと接触したり、菌に侵された環境下に行って体に皮膚糸状菌をくっつけてきたりすると感染してしまうことがあります。

スポンサーリンク




子猫の時に罹ることが多く、自然治癒することもありますが、症状が重い場合は2〜3ヶ月かかることもあります。
成猫になっても、病気やストレスなどから免疫力が弱くなっている時に発症することもあります。

 

子猫を保護した時点で真菌に感染していたというのはよくあります。同様に高齢猫や重篤な疾患、猫エイズや猫白血病などのウイルスに感染している場合も免疫力が落ちていますので感染しやすいです。

 

猫の白癬とは、真菌の一種である「皮膚糸状菌」(ひふしじょうきん)が皮膚に広がった状態のことです。毛が円形に抜け落ちることか「リングワーム」の異名を持ちます。

 

真菌症は非常に治りが悪い(遅い)皮膚病です。早くても2週間〜4週間。数ヶ月かかることも多いです。
また治ったと思っても再発を繰り返したりと厄介です。

 

菌を保有する猫にひっかかれたり、咬まれたりだけでなく、なめられるなどの接触でも感染する事があり、人の場合は、20歳以下の男性に感染することが比較的多いと言われてる。感染は、特に生後12ヶ月子猫からが多く、犬からも感染する事もあります。

スポンサーリンク




汗のカビ【皮膚に溶け込むことが原因?】

カビが原因によるものであっても、早期にはあまり自覚症状がないものも中にはあり、慢性化して、かゆみがひどくなってからようやく皮膚科を受診して、カビによる皮膚トラブ...

≫続きを読む

皮膚カビは薬でどうにかなるもの?

皮膚につくカビの事を言います。カビとはキノコや酵母と同じ真菌類です。皮膚真菌症は大きく分けて二つあり、深在性皮膚真菌症は真菌の感染が真皮、皮下組織、さらに深部に...

≫続きを読む

皮膚カビの治療法とは?真菌の症状に効果抜群?

真菌による様々な症状を治療するために用いられる抗真菌薬です。一般にはニゾラールクリーム等の商品名で取り扱いがされています。ケトコナゾールの効果としては水虫に対す...

≫続きを読む

赤ちゃんの皮膚にカビが!皮膚のかぶれ湿疹とは?

病気の症状は普通の湿疹とも似ていますので、赤ちゃんの場合はおむつかぶれと間違えることがあります。しかし、赤ちゃんの場合は口の中の頬の裏側あたりに白いボツンとした...

≫続きを読む

マラセチアカビによる皮膚トラブル?この菌はなに?

マラセチア菌はアクネ菌等と同様に日頃から皮膚に住みついている常在菌の1つです。アクネ菌と同じく皮脂分解酵素のリパーゼを分泌し、皮脂を遊離脂肪酸とグリセリンに分解...

≫続きを読む

カビ皮膚が白い斑点になってる?

放置してしまうと、白い斑点になってしまい茶色の色素沈着が長期化することがあります。また頭部や顔面に症状が出る「脂漏性皮膚炎」や、胸から肩、背中にかけて茶色や白色...

≫続きを読む

皮膚にカビ?ニキビではなくカビだった!?

いつもならすぐ治るはずのニキビがなかなか治らなかったり、ニキビ薬を塗っているのに変化なし、という方、実はそれニキビではないかもしれません。原因はなんと「カビ」の...

≫続きを読む

猫カビの皮膚病に真菌症の治療法や予防方法とは?

この「猫カビ」の皮膚糸状菌は体調の状態によっては人間にもうつってしまうため注意が必要です。皮膚糸状菌症は、皮膚糸状菌と総称される真菌(カビ)の感染が原因で発症し...

≫続きを読む