皮膚がん・メラノーマ・悪性黒色腫などの症状を解説

スポンサーリンク




皮膚がん・メラノーマ・悪性黒色腫など

皮膚症状といっても、重症化すると日常生活にも支障をきたす。症状悪化を見逃さずに、皮膚症状を上手にケアして、がん治療を長続きさせていくことが大切です。

 

皮膚ガンを発生させる要因としては、

 

長期間に渡る紫外線の作用
重度の火傷
重度の傷跡
放射線治療の影響によるもの
発がん性物質を含むものとの接触
などが考えられます。

 

職場や地方自治体の行う検診には通常、皮膚がん検診は含まれていません。患者さん自身が皮膚の異常に気付いたり、周囲の人に指摘されたりして医療機関を受診するのが普通です。

 

皮膚がんは転移することはあまりないですが、がんの進行にともなって深く成長し、命にかかわることもあり有棘細胞がんは太陽の光に当たりやすい顔や手の甲などによくできるがんです。

スポンサーリンク




メラニン色素が多い肌の色ほど皮膚がん発生率が低く、反面メラニン色素が少ない肌の色ほど皮膚がん発症率が高くなります。ですので、同じ紫外線量を浴びても、肌の色(人種)によって皮膚がんの発症率は変わってきます。

 

皮膚の異常は内臓と違って目で見てわかりますので、皮膚がんは早期発見や予防がしやすい癌です。早期の皮膚がんであればほぼ100%治すことができます。
皮膚がんのできる場合は、一見健康な皮膚にできることもありますが、しばしばがんになる一歩手前の状態、つまりがん前駆症(前がん状態)が生じ、それががんに変化することもあります。

 

悪性黒色腫を切除せずに放置すると、リンパ節に転移することが多く、さらには脳や肝臓などの重要な臓器にも転移が広がっていきます。悪性黒色腫は、“メラノサイト”と呼ばれる、メラニン色素を作る細胞や、ほくろの細胞ががん化したものと考えられています。

 

メラノーマは悪性黒色腫と呼ばれる悪性度の高い皮膚がんの一種で、発生数は10万人に1.5〜2人と言われ、とても珍しい病気です。
メラノーマ(悪性黒色腫).皮膚の色と関係するメラニン色素を産生する皮膚の細胞をメラノサイトとよび,皮膚,眼窩内組織,口腔や腸管粘膜上皮などに発生するメラノサイト由来の悪性腫瘍です。

 

メラノーマは日本語で『悪性黒色腫』と言い、いわゆる“ほくろのがん”です。「あれ? 私こんなところにほくろあったっけ?」なんて見慣れないほくろを見つけたときは要注意です。

 

メラノサイトが日光に含まれる紫外線などの刺激により悪性化したものである。一般にホクロはそれほど大きくはならないので、7mm以上に大きくなったら要注意とされる。また腫瘍周辺に色素が染み出している場合はメラノーマが強く疑われます。

 

日本人の場合では、メラノーマは手のひら、足の裏、爪の下などにできることが多く、圧迫や摩擦などの刺激が原因になるとする説もあります。

 

発生の危険率は、人種や地理的条件により異なる。人口10万人当たり白人は15人、日本人で2人、黒人で0.5人とされる。日本では年間発生数は約1500人と推定されており、性差はほとんどありません。小児には稀で、30-60歳代での発生率が高いです。

 

悪性度のきわめて高い,黒色の皮膚腫瘍である。メラノームともよばれる。生物学的,病理学的に相異なる数種の型からなる。発生機序は,表皮最下層にあるメラニン色素生成細胞の癌化に由来する系列と,母斑(あざ,ほくろ)細胞の癌化に由来する系列とに大別されます。

 

悪性黒色腫の症状としては、「ほくろ」とか「いぼ」が左右で大きさが違う、色むらがある、痛い、痒い(かゆい)、出血がある、にじんでいる、境界線がわからない。などが初期の特徴としてあげられます。

スポンサーリンク